比較検証~REIT編~

比較検証~REIT編~

資産運用としては高い利回りを持つREIT(リート)

名前は聞いた事があるけれどよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

その利回りの高さから、資産運用としても他の投資商品に比べ人気のある商品となっています。

ここではそんなREITの詳細と、OJIXとを比較検証していきたいと思います。

OJIX公式HPへ

REITとは

REIT(リート)とは「Real Estate Investment Trust」の略であり、投資家から集めた資金をもとに、不動産への投資を行い、そこから得られる不動産の売買益であったり、賃貸収入を投資家に配当するという商品で、日本語では「不動産投資信託」とも呼ばれています。

元々アメリカで生まれたものであるため、日本では「J-REIT」とも呼ばれます。

仕組みとしては、投資法人という特別な法人を作り、不動産への投資や運用を行い、REITを通じて間接的に様々な不動産のオーナーとなる事で利益を得る事になります。

実際には株式会社の株式にあたる投資証券を発行し、投資家はこの投資証券を購入して運用を進めていきます。

直接的な不動産投資と違って、小額からの投資が可能であったり、物件の選定や管理が不要である事、また、分散投資が可能であるという事から多くの人に利用されている投資方法となっています。

REITのメリット・デメリット

メリット

・安定した高い配当利回りを得る事が出来る

・少ない金額から購入可能

・不動産のプロに運用を任せる事が出来る

・流動性が高くて換金しやすい

・分散投資が可能

REITの場合には投資法人と言う形態をとっている為、利益の90%超を分配することで法人税が課されないという仕組みがあり、株式よりも高い分配金を得る事が出来るようになります。

通常の不動産投資とは違って、不動産の選定や売買、収益分析などの専門的な知識を必要とせず、管理や手続きなどの面倒な部分はプロに任せる事が出来る。

また、実物の不動産の場合は数千万円単位の投資になるが、REITならば数万円単位からの投資も可能となっています。

デメリット

・不動産市況の影響を受ける

・金利変動のリスクが高い

・地震や火災などの災害リスクがある

・投資法人の倒産(上場廃止)のリスク

基本的には不動産投資である為、不動産の賃貸市場や売買市場、経済情勢などの要因によって不動産の賃料収入や評価額が変動する為、価格や分配金が減少するリスクがあります。また、REITでは投資家から資金を集めるほか、金融機関からの借り入れによって不動産を購入するため、金利が上昇すると利息負担が増加し、収益の減少に繋がります。

REITとOJIX

投資としてはなかなかの魅力をもったREITですが、やはり運用していくには専門的な知識を必要とされそうです。

高い利回りを得られるという魅力はありますが、その分リスクも高くなるのもこれから資産運用を始めたいという人には不安要素となりますね。

やはりこれから資産運用を始める場合にはOJIXが最も適していると言えるのではないでしょうか。

OJIX公式HPへ TOPページを見る