比較検証~ETF編~

比較検証~ETF編~

投資と聞くと有名なのは「株式投資」がまず一番にあがると思いますが、株式の場合には個別の企業に投資する為に価格が大きく上がる時もあれば、下がる事もある為、大きなリスクをはらんでいます。

そこで、リスクの分散が出来るETFは株式投資よりも始めやすい資産運用として注目されています。

OJIX公式HPへ

ETFとは

ETFとは、「上場投資信託(Exchange Traded Fund)」の略称であり、たくさんの企業の株が集まったもので、日本だけでなく、世界にある株式市場がまるごと買えるという金融商品となります。

例としては、日経平均株価のETFを1本買う事で、日本を代表する企業の多くに間接的に投資する事が可能となります。

1企業の株式を購入する株式投資と違い、価格の上げ下げが個別の企業に依存しない為に、価格変動のリスクを分散させる事が出来るという特徴があります。

ETFのメリット・デメリット

メリット

・株式と比べ少額で購入できる

・取引時間中はいつでも売買可能

・保有中のコストが低い

・どの証券会社でも購入可能

・分配金も受け取り可能

東京証券取引所に上場しているETFの多くは最低購入資金は2万円以下。

保有期間中にかかるコストが低く、長期投資する予定であれば有利に働く。

デメリット

・売買時に株式並みの手数料がかかる

・自分自身で売買のタイミングを判断しなければならない

・自動積立出来ない場合が多い

・イデコや積立NISAも利用出来ないケースが多い

ETFは保有中にコストがかかるだけではなく、売買時にも手数料が発生します。

株と同様に価格が常に変動する為、いつ買うかを自分で判断して決めなければならない。

投資信託では初回に設定した金額で毎月自動で購入を行ってくれる自動積立が利用出来るが、ETFに関してはほとんどの証券会社では自動積立サービスを提供していない。

税制優遇制度として人気のあるイデコ、NISAなどの利用対象となっているものが少ないため実用的ではない。

ETFとOJIX

株式投資とは違い比較的取り組みやすいETF、初めての資産運用としても利用しやすいものです。

しかし気になってしまうのはどれだけの利益を生み出せるのかという所。

実際の運用実例としては、50万円分の購入で10年間の運用成績が約66万円という結果が見られました。

これは投資信託などに比べても若干お得な結果となっています。

初めての資産運用としてはなかなか良いように思えますが、しかし、利益率に関してはOJIXの方が比較にならないほどに上です。

最低購入資金は2万円という事でOJIXよりは安価で始められるというのは一つ魅力かもしれませんが、その場合の利益は微々たるものとなってしまいますし、やはり資産運用として取り組むのであれば個人的にはOJIXの方がおすすめだと言えますね。

OJIX公式HPへ TOPページを見る